ホーム 建物 間取り

間取り

マンションに和室は必要か? 3LDKなら不要!

1990年代までは、マンションでも和室は付き物でした。しかし、2000年代に入ると、和室のないマンションが増え始め、最近の分譲マンションで和室付きは少数派です。とくに、3LDKで和室を配したマンションの間取りは少なくなっています。和室はマンションに必要ないのでしょうか? 和室が減少した理由 マンションに限らず、一戸建てでも和室は減少気味です。それには理由があります。まず、和室のデメリットとしては、畳の上に布団を敷いて寝ることになる点です。布団はベッドに比べると硬く、快適でないと考える人が増えています。 床に近い位置で寝るためホコリをすいやすいというデメリットもあります。そしてなにより、布団の上げ下ろしが面倒、という点もあげられます。和室でも布団を敷きっぱなしにしていればいいのですが、布団敷きっぱなしはだらしない、と思われやすいので、主婦に嫌われるのです。 和室の使いみちがない そもそも、「和室でなければならない」というシーンは、日常でほとんどなくなりました。昔は和室で和服に着替えたり、日本舞踊や琴の稽古に使われたりしたのですが、いまどきそんなことをする人はほとんどいません。 要するに、和室の使いみちがないのです。唯一あるとすれば、こたつを使いやすい、というくらいでしょうか。でも、こたつ自体、生活必需品ではありません。 ベッドで寝る人が増えた現在、和室は寝室には不向きです。寝室以外の用途としても、書斎や物置には不便で、適するとすれば客間でしょうか。でも、狭いマンションで、客間なんて不要と考える人が圧倒的ですし、3LDKで客間を配する余裕はありません。 つまり、3LDKなら和室は不要という結論になってしまいます。 4LDKならあってもいい もし4LDKなら、一つくらいは和室があってもいいでしょう。4LDKでもとくに和室をつける必要はないと思いますが、日本文化を大切にするくらいのお気持ちなら一つくらいあってもいいでしょう。 マンション住戸内に和室を設けない場合、つまりオール洋室にする場合の注意点としては、布団を収納できる納戸や押入を確保することです。納戸や押入がないと、布団を入れる場所がなくなってしまうので、その点は要注意。布団をしまえないと、冬物の寝具を片づけるときに困りますし、客用の布団もしまえません。

マンションを買うときは、上下左右の住戸もチェックしよう!

マンションを購入するときは、購入予定の住戸の間取りだけでなく、上下左右で隣接する住戸の間取りも確認しましょう。住みやすく快適なマンションライフを送るには、自分の周囲の部屋がどうなっているか、を知っておくのがとても大事です。 寝室の上下左右の部屋は? 寝室は夜寝る場所ですから、静かなのが大事。また、夫婦生活を営む場なので、音漏れも気がかりです。 まず、寝室の上下左右に、別の住戸の浴室やトイレ、キッチンがないかをチェックしましょう。上階住戸や隣戸の人が、夜中にシャワーを浴びたり、トイレを流したり、早朝からキッチンで料理を始めたりしたら、音が聞こえてきて熟睡できません。 逆に寝室が外廊下に面していたら、夫婦生活の音が漏れてしまうかもしれません。 理想的には寝室はベランダ側 騒音のトラブルはマンションでもっとも多く、上下階の住人との人間関係が悪くなり、ひどくなるとマンションから引っ越す要因にもなったりします。自分が迷惑を受けるだけでなく、自分が下階や隣戸に迷惑をかけることだってあります。 理想をいえば、夫婦の寝室は寝室同士が隣り合っていて、外廊下から遠いところがベストです。つまり、ベランダ側です。ベランダ側に寝室がない場合は、居室の中心部がいいでしょう。 下階の共用設備にも注意 エレベーターの隣も要注意です。エレベーターの音が聞こえてきて夜眠れない、という人もいますし、エレベーターホール前は人通りが多いので、外廊下側の窓を開けておくとのぞかれる心配もあります。 2階住戸は、下階(1階)に共用設備がある場合もあります。自分の購入予定の住戸の真下に何があるかを、きちんと確認しましょう。電気室や機械式駐車場、自転車置き場などが下にある場合、音が響いて聞こえてくる可能性があります。

Stay Connected

21,391ファンいいね
2,253フォロワーフォロー
0購読者購読
- Advertisement -

Latest Articles